スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の眼の構造

写真を撮ったとき、
ヒトが赤目になるのは網膜血管の色。
猫は赤、緑、ピンク、…色々な色になる。
これはタペタム細胞の働きによるらしい。 →どうして目が光るの?
IMG_1382-1.jpg
↑光線中のアル    ビーーーム!!

猫の眼は、
①「瞳孔の面積」をヒトの3~5倍拡大させることができるらしい。
(暗いところで、ヒトの3倍以上の光量を取り込める)

②猫は光増幅器ともいえる「タペタム(輝板)」を持っている。
(ヒトには無い)
このタペタム細胞によって明暗情報を40~50%増幅できるらしい。

--んで、----------------
①…4倍、②…50%として計算してみると、
猫はヒトの約6倍もの光を取りこめることになる。(たぶん)
すごいなあ。面白い☆

comments

No title

へー。すごい。おもしろい♪
①はだいたい知っていたけれど
他は知りませんでしたー。色んな色に光ることも。
不思議ですね。見えている色も人と違うみたいだし、
1度で良いから猫になって体験してみたいモノです♪

No title

おなかが減ったら赤になったりしてwww

No title

てことは
料理がまずかったら黄色になるのかw

No title

3分経ったら点滅します

No title

暗闇の中でも少しの光があれば周りが見えるなんて猫ちゃんの目はすごいですよね~!!
1度で良いから猫ちゃんになって体験してみたいですね♪

No title

M78星雲

赤外線スコープで猫体験してみようかな…笑

comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ディンガ

Author:ディンガ
アルぽーの日常生活。
内容より写真メイン。
なので写真だけでも
楽しんでもらえたら嬉しいです
( >д<)、;".・ ィックシッ 
不定期ながらも
更新は水曜日にゃるぞよ

カテゴリー
最近の記事
最新コメント
過去記事の検索用

博士カレンダ
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
    アルの誕生日
博士カウンタ
リンク。よく行くとことか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。